is_single

ヨーロッパといえばクラシックカーがよく似合いますが、スイスのジュネーブ郊外にあるコペ城でクラシックカーの美を競う「コンクール・デレガンス・スイス」が開催されました。

とりあえず、これがコペ城。なんとなく「クラシックカー」のに合いそうなお城ということが、わかってもらえると思います。

実はこのイベント、1927年に起源をさかのぼるコンクールで、それを復活させたものだそう。今回は24年から84年までの51台が展示されました。

最優秀車「ベスト・オブ・ショー」は、71年のランボルギーニ・ミウラSV P400。

他に展示された車を見てみましょう。

ちなみにスイスは国内での自動車生産の歴史が少ないだけに、評価の中立性があると定評があるそうです。今回はスイスからの出品が多かったそうですが、知名度が上がれば他の国からのクラシックカーの出品が増えるだろうと期待されているようです。

 

 

投稿者プロフィール

super7
最新の投稿
  • 2017.10.26
  • 2017.07.29
  • 2017.05.17
  • 2017.03.27