映画監督/プロデューサーとして巨万の富を得たジム・グリッケンハウス。自らの趣味が高じて立ち上げたスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)がスーパーカー「SCG 003S」をジュネーブモーターショーで発表しました。

停止時から3秒未満で時速96.56kmに達し、最高速度は時速342.79km。フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェに負けない「世界最速のクルマ」。

そもそも車が大好きだったグリッケンハウス氏がカスタムカーを作るために私費を投じて作った会社。なので、全部が特注となっているそう。しかも市販化を狙っているとのことだから、公道を走る日も近いかも?!