is_single

1950年代にイタリアの自動車メーカーであるイソが発売し、その後もBMWによってライセンス生産された、知る人ぞ知るキュートな車体の「イセッタ」。

スクーターやキックボードを製造するスイスのメーカー、マイクロ・モビリティ・システムズがイセッタのコンセプトやデザインをベースに現代の電気自動車(EV)として復活させた。その名もなんと「マイクロリーノ」。

最初に製造する500台の予約注文をモーターショーの会場で受け付けたのだが、このレトロな外観のEVは注目を集め、500台は13日間で完売したというから驚きの人気ぶりだ。同社は購入を逃した人のために予約待ちを受け付けている。予約のサイトはこちら。

マイクロリーノは15kW(20ps)の電動モーターを搭載し、最高速度は約100km/h。最初の20mまでの加速なら「多くのスポーツカーにも負けない」とメーカー。一般的なコンセントにつないで充電でき、一度の満充電で100~120kmの走行が可能。生産は2017後半予定で、価格は9,000~1万2,000ユーロ(日本円にして約100万〜150万円)になる見込みだそう。

にぴったりかも?!

投稿者プロフィール

super7
最新の投稿
  • 2017.10.26
  • 2017.07.29
  • 2017.05.17
  • 2017.03.27