is_single

フランスの伝説的なスポーツカー・メーカー、アルピーヌがついに量産モデルの市場に復帰を果たした模様です。

1970年代にラリーで大活躍した偉大な名車の名前をそのまま受け継ぐ新型「A110」が、ジュネーブ・モーターショーで公開されました。

全長4,178mm × 全幅1,798mm × 全高1252mm。ホイールベースは2,419mm。アルミニウム製のプラットフォームとボディを接着、リベット、溶接で結合した、高剛性かつ軽量な構造になっていそうです。

1.8リッター直列4気筒ターボ・エンジンはルノー・日産アライアンス製を¥がベース。最高出力252ps/6,000rpmと最大トルク320Nmを発揮し、0-100km/hまで4.5秒で加速するそう。

加速はポルシェ・ケイマンSを上まわるアルピーヌA110。40年振りに復活というから、市販が待ち遠しいですね!

投稿者プロフィール

super7
最新の投稿
  • 2017.10.26
  • 2017.07.29
  • 2017.05.17
  • 2017.03.27