今年3月、スイスの首都ジュネーブで開催が予定されている、ジュネーブモーターショー。各自動車メーカーがこぞって新型モデルを発表するものと思われるのですが、当然マクラーレンもその一社。今回予定されている新型スーパーカーのモデルは、マクラーレン「スーパーシリーズ」最新型で、「650S」の後継モデルにあたるものらしい。

当日までなかなか表に出てこない情報を海外のサイトなどから引っ張ってみると、「650S」の2倍に高められたエアロダイナミクス性能を持ち、高速域でのブレーキ安定性度が向上しているそう。

また、新開発のアクティブシャシーコントロールを採用、ドライバーが自身の好みやドライブ状況においてバランス調整選択可能にするらしく、さらに新開発の可変ドリフトコントロールは、このスーパーシリーズ最高というダイナミクスを追求し、インフォテインメントモニターを指でスワイプすることにより、ESCレベルの調整が出来るというスグレモノ。

ちなみに予想パワートレインは3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンで、最高馬力は700ps以上、0-100km/h加速は2.8秒ではないかと予測されているようです。

微妙に「痛車」にも見えなくない、、、と思ったのは私だけ?!