レクサスが先ごろ行われたジュネーブモーターショーにおいて、新型『LS』のハイブリッド車「LS500h」を初公開して話題になっています。

新型LS500hは「マルチステージハイブリッド」が搭載されています。2GR-FXS型3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力300hp、最大トルク35.7kgm。モーターと合わせたシステム全体で360hpのパワーを引き出すというもの。

車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点などの出会い頭衝突という、深刻な事故につながる4つの事故形態をカバーする「安全予測パッケージ」がついているそうです。

全長5,235mm × 全幅1,900mm × 全高1,450mm、ホイールベース3,125mm。動画もありました。

ちなみに、今回発表された欧州市場においても、LS500hの発売時期や価格についてはまだ明らかにされていないそうです。