is_single

ムヒカ大統領をご存知ですか?

2009年11月にウルグアイ大統領選挙に当選し、2010年3月1日より2015年2月末まで、同国の第40代大統領を務めた人物です。本になったり、マスコミで「世界一貧乏な大統領」と比喩されているので、ご存知の方は多いでしょうね。

これがご自宅。大統領任期中も自宅で代々受け継いできた農家として、ご自身で農作業などもしていたそうです。

無駄遣いしたりいろんな物を買い込むのが好きじゃないんだ。その方が時間が残ると思うから。もっと自由だからだよ。なぜ、自由か?あまり消費しないことで大量に購入した物の支払いに追われ、必至に仕事をする必要がないからさ。根本的な問題は君が何かを買うとき、お金で買っているわけではないということさ。そのお金を得るために使った『時間』で買っているんだよ。請求書やクレジットカードローンなどを支払うために働く必要があるのなら、それは自由ではないんだ (ムヒカ大統領談)

こうした言葉に共感する人が多く、ムヒカ大統領の生涯を映画化し様と言う動きも有るようです。

そんなムヒカ大統領、大統領公邸にも住まず、大統領報酬の90%を貧しい人々や零細企業向けのチャリティに寄付をしていたため、毎月自身の手元には1000ドル(日本円にしておおよそ11万9千円ほど)ほどで生活していたので、唯一の財産だったのが彼の愛車でした。

その愛車がこちら。

知人から貰った18万円相当の1987年型フォルクスワーゲン・ビートルのみ。愛犬は足を1本なくした、三本足のマニュエル。

あるアラブの大富豪が、この大統領はお金に困っているのではないかと思い、100万ドルでこの車を買い取ると言う申し出があったらしい・・・もし本当に買い取るなら、ホームレス支援のために全額寄付すると発言したそうです。

その他に、高速道路でヒッチハイクをしていた青年が誰も車に乗せてくれなかった時に、たまたまこのビートルで通りかかったムヒカ大統領がのせてくれて大感激!という逸話もありました。

日本にもこんなステキな政治家が欲しいですね。(ぽつり)

投稿者プロフィール

super7
最新の投稿
  • 2017.10.26
  • 2017.07.29
  • 2017.05.17
  • 2017.03.27