is_single

海外の自動車情報メディアが選んだ「自動車テクノロジーに影響力のある10人」が発表されました。日本人も一人、ランクインしています。興味深いのは、アップル。ひとつの企業から2人がランクインしたのはアップルだけでした。

ではそのランキングを見てみましょう。

10位:Pete Tenereillo氏 ネズミ取り情報共有アプリ「Trapster」創業者
9位:Uri Levine氏 ソーシャルナビゲーションアプリ「Waze」創業者
8位:Christian Von Koenigsegg氏 スウェーデンの高性能スポーツカーメーカー「koenigsegg」創業者
7位:Dan Greenawalt氏 レースゲーム「Forza」クリエイティブデザイナー
6位:ジョナサン・アイブ氏 Appleの最高デザイン責任者

5位:山内一典氏 「グランツーリスモ」シリーズのデザイナー、プロデューサー
4位:Andre Haddad氏 「クルマ版のAirbnb」と呼ばれるカーシェアサービス「Turo」CEO
3位:ティム・クック氏 Apple社CEO
2位:イーロン・マスク氏 電気自動車「Tesla」CEO
1位:John Krafcik氏 Googleの自動運転車部門CEO

日本人で、5位にランクインしている、山内氏。自動車レースゲーム「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー。スペインには山内氏の功績を称えて同氏の名前が付いた道路があるそうです。

英語のソースはからどうぞ。

投稿者プロフィール

super7
最新の投稿
  • 2017.10.26
  • 2017.07.29
  • 2017.05.17
  • 2017.03.27